肩こりや腰痛改善のおすすめ枕「めりーさんの高反発枕」

更新日:

10年で枕を10回以上変えて選んだ最終的な枕

めりーさんの高反発枕

自分にピッタリの枕はないのでしょうか・・・?

結論から言うと、経験上

 

「枕の合う合わないは人それぞれです。」

 

 

体型や骨格は千差万別。敷布団やマットレスも様々。全く同じ体型、骨格という方はいません。

ですが、視点を変えて、「肩こり・腰痛改善」が目的で枕を探していると、最終的に自分に合った枕にようやく出会うことができました。

めりーさんの高反発枕公式サイトはこちら

今まで使用してきた枕の種類

同じような枕をいくつか購入しましたが・・・

今まで購入した枕は、そばがらの枕、真ん中がくぼんだ低反発の枕、かなり固めの大きな枕、テンピュール六角脳枕YOKONE(ヨコネ)めりーさんの高反発枕です。

 

枕に拘りをもっていたので、色々試したいという好奇心もありましたが、結果的に今使っているのがめりーさんの高反発枕という高反発枕です。

 

 

とにかく肩こりです。

 

 

腰痛もありますが肩こりはひどいものです。
ストレスもあるでしょうし、運動不足もあるでしょう。さらに日頃、目を酷使しているのも原因のひとつでしょう。
仕事柄、一日中パソコンやスマホを長時間利用しているので、日々目が疲れています。座り仕事を一日中している同じような方多いのではないでしょうか。

 

その上、寝つきも悪いです。
眠くてしょうがないから寝るというよりも、寝なければ明日大変だろうから寝るか、という日々でした。

 

そして朝、目覚めが大変悪いので、恐らく快眠できていないのでしょう。
昼間や夕方に、強烈に睡魔が襲ってきたりします。この眠気が就寝前にあれば、ぐっすり眠れるのにな・・・・と、いつも思っていました。

 

とにかく現状を打破したいと思い、マットレスを交換するとともに枕も見直すことにしました。結果、これは一緒に交換した方がいいと痛感しました。
その理由は以下になります。

マットレスが変われば、少なからず寝ている身体の高さも変わります。結果、枕の高さも変わっているからです。

枕は数センチ変わるだけで体重のかかり方等が全然違うようです。

 

最初は、市販で売っているもので良いと思い、店舗に行き、実際に色んな枕を購入しました。

 

ニトリにも何度も何度も通い、新しい枕が出ると、安価なものはとりあえず買ってみて試してみました。
かなりもったいなかったですが、中には一週間と使わなかったものもありました。安価な枕は、やはりそれなりだなと思いました。

 

大型店舗で大量に売っているものは試せないので手触りや感触のみで判断して購入していました。
触った感じはフカフカして良さそうに思うのですが、実際寝てみると違和感を感じて、結局使わなくなりました。

 

高額な枕、お店で専門の方に図ってもらい、購入した結果

量販店で枕を選ぶと自分に合っている(気がするだけ?)

某量販店に行きました。
あるところで、壁に立って首の湾曲具合を図っていただき、実際に寝て高さなども図って頂き、本当に丁度良い枕を選んでもらったことがあります。

 

メーカーは有名な枕ですが、けして安くない枕だったので慎重に選びました。

 

ただ、何でしょう・・・・・お店でいくつか比較して寝てみてるうちにわからなくなるんですよね。

 

きっと皆さんもご経験あるかと思います。
お店で試して購入し、実際家で使うと「あれ?」みたいな事。

 

結構どの枕も良かったかな・・・正直、それ程違いがわからない。まさに体感しているにもかかわらず、わかりにくい。
「うん、この枕もいいな、さっきの枕良かったけど。」結局判断できていないのです。
そして店員さんが、枕を試して寝ている耳元で静かにプレゼンしてきます。

 

 

「この枕の特徴は・・・」なんて始まり、「どうですか?」なんて聞かれると

PASONA_15_TP_V

 

「そうですね、この枕、け、けっこういい感じです。」なんて言っちゃったりしてます(笑)

 

 

決定打は無かったのですが、いい感じがしたんですよね。
結局枕を購入し、お持ち帰りしました。肌触りも良く寝るのがちょっと楽しみでした。ですがその日の夜に実際寝てみると・・

 

 

「んん、この枕は心地いい。この肌触りも良いし、何より沈んだ感じが良い。うん、やっぱりいい!」

「・・・ちょっと柔らかいかな。これがいいはずなんだが・・っていうかちょっと高さが・・ちょっと高いかな。」

「お店で寝た時はちょうど良いと感じたんだが・・・そっか、服を着ていたからか。」→(結構重要で、普段着と、寝る時の服装で試すのとではかなり違います)

「んん、寝返るとなんか微妙だ。。やっぱり首の位置が高い?っていうかそれにしても柔らかくないかい?あれ?これだっけ?これだよな。まぁとりあえず寝てみるか」

 

その日、こう購入した枕で寝て起きてみたら

 

「く、首が痛い気がする・・・・?!泣 (T_T) 」

 

悲しい事に買った枕は、本当に結果的に1ヶ月も使いませんでした(泣)。

量販店で買い物に行く時は購買意欲が高い状態です。
お店が人で賑わっていると余計「何か買って帰ろう」なんて思ってしまいます。
値段もそれなり。期待値も高かったので脱落感は半端なくて・・。

 

欲しいもの目当てに行くと、「あ、これいいんじゃない?」なんて感じで、選んでいる間は楽しいのですが、「これがいい!」と決定打がないまま、買ってしまう事もあると思います。
なんとなくその枕がとても合っているような気がしていた・・・・・のかもしれません。

 

購入した枕は、日々横向きに寝る事が多いのですが、横向きに寝ると肩の位置にとまどいました。
想像つく体勢かと思いますが、柔らかく沈んでしまうので肩が前に出た状態です。肩に体重がかかっているのですね。そうすると腕も収まりつかない体勢です。
何度も何度も位置を動かすような感じです。落ち着かないです。

 

それでも、そうした状態で固定してしまうから寝返りがうちにくい。結果、同じような不自然な姿勢で寝てしまっている。
きっと肩回りにも負担かけている寝姿勢なのでしょう。結果首にも負担をかけているので首も肩も凝っている。

 

結局店舗に通ったのにこの有様だったので、ネットで様々な枕を調べて買ってみようと思いました。

 

やはりじっくり寝てみないと枕はわかりません。だからといって店舗で長時間寝てしまうのは無理です。
ちょっと横になったぐらいでは判断つきにくい・・・・それならばネットで購入しても同じだろうと考えました。

結果、いくつかネットで買ったものは比較的「アリ」だったのですが、今使っているものが【めりーさんの高反発枕】です。

DSC06136

 

めりーさんの高反発枕は高さ調節が絶妙

めりーさんの高反発枕は「高さが微調整」できる。なんと50通りも。「微調整」がナイスアイデアだと思いました。

2WAY(高さが2通り)の枕は結構販売しています。上下を逆さまにしたら高さが変わる枕です。
ですが2WAYだけだとやはり少ない。

 

めりーさんの高反発枕は普通では2WAYで、さらに高さ調整シートがあるので、最大50通りの調整が可能です。もはやこれしかないと思いました。
さすがに50通りもあればきっとぴったりの高さを感じられるだろうと考えました。

 

 

そしてめりーさんの高反発枕、実際に購入しました。肌触り最高です。シルクのような、滑らかな高級感のある肌触りです。汚れるのがイヤだなと思ったので、普段は市販の普通の安い枕カバーに入れて使っています。

めりーさんの高反発枕

めりーさんの高反発枕の特徴は中身にある調整シートです。 チャックを開けるとこんな感じで調整シートが入っています。

DSC06244

高さ調整シート約1センチ×4枚、ハーフサイズの高さ調整シートが約1センチ×2枚あります。調整シートがこのように入っていてセンチ単位で変更することができます。
この調整シートを出し入れすることで、高さが絶妙に調整できます。おそらくこの機能で「高さ」が合わない方はいないだろうと思います。

 

そして結構盲点なのですが、年々骨格や体型は変化しています。ですがそれに応じて高さ調節できるような枕は無い。

今は高さがピッタリの枕でも、一年後に体型は変わる可能性がある。その度に買い替えても絶妙な高さの枕なんてそうそう売ってないと思います。なので、何度も調整できたほうがいい。

ずっと使っていて調子が良かったのに・・・・と思っていても、体系が変化してしまい、高さが微妙に合わなくなっていたりします。

 

以前は高さが低いなと思った時に本を枕の下に敷いて寝てみたり、高さを調節して工夫していたのですが、やはりしっくりきませんでした。

めりーさんの高反発枕では、このような高さ調整シートが入っており、これらの枚数を調整することで、微妙な高さ調整が可能です。

DSC06247

何もカスタマイズしない状態で寝てみると、結構高さがあっていい感じかなと思いましたが、結果2枚抜いて現在は使用しています。
枕を仕様する時のベッドにもよりますが、高反発のベッドを使っていると、通常の高さだと高いかな?と感じました。

 

DSC06195

かなり微調整できるのは大変助かります。凸の部分がちょうど首の凹んだ部分に丁度よくサポートし、寝返りをうつ事が無意識に楽に、容易になりました。

DSC06191

枕の高さというのは、頸椎の高さと首の高さを合わせる、という事です。
一枚づつ抜いて寝てみて、試してみる。ほんと全然違うんですよね。微調整最高です。

DSC06189

ハーフサイズの調整シート

DSC06173

「これは楽だ!」と感じました。もっと早く出会っていれば・・・っていうか存在に気がついていれば・・

DSC06148

それまで柔らかい低反発枕を使用していましたが、寝返りをうつと肩が入ってしまい、腕が痛くなることが多かったです。

頭が沈んでいるため、寝返りをうつときは一度体を起こすような感じになっていました。高反発で、さらに高さがあっていればこんなに楽に寝返りができる、というのが感動でした。

 

本当に肩こりが随分楽になりました。朝起きてからの頭痛や肩の痛さがなくなりました。
何年もかかりましたがようやく安定した、良い枕に出会えたと思います。

朝からの頭痛に本当に悩まされていたので、本当に無くなったので大変うれしいです。ぐっすり寝れた朝を迎えるとことができると、その日の仕事の生産性・生活の質が全く違います。

DSC06277

 

めりーさんの高反発枕の購入の決め手は高さが微調整できる事と、90日間の返品保証

何度も枕を買っている私にとってもう失敗できないなと考えてました。枕が好きという事もありましたが買いすぎました。
合っている枕がひとつあれば、それ以外は使わないものです。
日々何気に使っている枕ですが、毎日使うものなので本当に大切だと思います。

 

使用後は返品できないのが普通ですが、めりーさんの高反発枕は「90日間使用後、返品可能」という全額返品制度がついています。

これはモットンと同じシステムですが、とにかく合わなければ絶対返品しよう、というぐらいの心づもりでした。
90日間ですから、3ヶ月です。まさに3ヶ月間はお試しの気分で購入しました。

 

結果ずっと使い続けていますが、リスク回避もできるので安心して購入できました。

 

ISO認証取得済みの工場で生産、お子様にも安心して使えます。ウレタンフォームなのでダニも寄せ付けず、ホコリも出ません。
カバーも取り外して洗えます。それにすごく軽くて使いやすい。2way設計×高さ調整シートで最大50通りの調整が可能

 

公式サイトで購入するのが結果一番お安く購入できます。特別価格で購入が可能で送料無料。
アフターサービスや90日間返金保証があります。

めりーさんの高反発枕公式サイトはこちら

 

まとめ:めりーさんの高反発枕で肩こり首こりは激減。

めりーさんの高反発枕は高さが微調整できるという所に焦点がいきがちですが、枕ではあまり商品化されていない「高反発枕」は寝返りをサポートしてくれます。
頭は重いので柔らかい枕はフカフカで気持ちがいいのですが、どうしても沈んでしまいます。沈んだ状態では寝返りをスムーズにうてません。

枕でよく使われている羽毛やパイプ、そば殻等は首・頭が不安定になり、頸椎をささえていない部分があるとイビキや無呼吸症候群の原因にもなりかねません。
微調整できるシート+高反発という作りが首への負担をできるだけ軽減してくれています。

めりーさんの高反発枕の材質は高密度で8万回の耐久試験にも耐えた優れた耐久性のあるウレタンフォームを使用しています。
丈夫で、且つ通気性が良く、蒸れにくく、羽毛や羊毛と違ってダニも寄せ付けずホコリもでないですし、カバーは取り外して洗えるので長い期間、清潔に使う事ができます。

ちゃんと寝むることができると朝の目覚めが全然違いますよね。夢も見てるかもしれませんが、ほとんど見ていないというか、決まった時間にしっかり起きる事ができています。
以前のように首まわりに激痛がはしったり、寝違えたりすることが全く無くなりました。

良い一日を迎えるのはやはり朝一番の気持ち。寝具は人様に見せるものでは無いので機能性が一番大事だなと実感しました。

 

付録 めりーさんの高反発枕の高さ調節方法

首のカーブの深さを壁等で計測してみよう

・壁にあたるように背中(肩甲骨)をあてます
・上半身はゆったり、楽な姿勢で立ちます
・首のカーブの一番深いところから、壁までの距離が枕の高さの目安になります。

めりーさんの高反発枕の頸椎が当たる所の高さは使用していない状態で5センチ、使用時には沈み込み等で約3センチほどになります。
男性の場合は高さ調整シートを2,3枚、女性の場合は0枚から1枚お試しすることをお勧めしています。

敷布団の上に置いて微調整をしましょう

敷布団やマットレスによってはめりーさんの高反発枕に頭を置いたときに実際に壁で図った距離感とはずれる場合があります。
そのための微調整を実際に敷布団やマットレスの上に置いてみて寝た状態から、シートを出し入れすることで微調整を行いましょう。

肥満体系の方や猫背の方は+1センチ、敷布団が柔らかい方はマイナス1センチ。

首のカーブの大きさ2WAYを好みで選ぶ

めりーさんの高反発枕は高い方が5センチ、低い方が2センチになっています。
前後で高さが言葉っているのでその日の体調や気分に合わせて使い分けることができます。

枕の裏には高さ調節ポケットがついているので、ハーフサイズのシートやタオル等も入れることができるので片側だけを高くすることも可能です。

めりーさんの高反発枕公式サイトはこちら

 

自分に合った快適な枕で睡眠負債を解消しよう

睡眠負債とは

睡眠不足とは日常よく使う言葉だが、睡眠負債とは何でしょうか。

睡眠負債とは、少しの睡眠不足がどんどんたまっていくといった事ですが、たまってきた事によるリスクは意外と知られて内容です。

NHKスペシャルで話題になったこの「睡眠負債」という言葉はなかなか耳慣れない言葉だったが、6時間睡眠が2週続くことで、2日間徹夜した場合と同じような脳の状態になるというお話です。

確かに睡眠時間が短いとボーッとする時間が急に昼間~夕方あたりに睡魔が襲ってくる場合もあります。
それに毎日6時間以上、きっちり睡眠時間を確保している人の方が現代社会では難しいイメージもあるのですがどうでしょうか。

 

寝ることは「ためる」と事ができない。よって寝だめは存在しない

「寝だめ」という言葉があります。
平日なかなか睡眠時間がとれない、あるいは寝不足な為、週末、あるいは休みの前日に長時間寝ることで、睡眠を「貯金」しているかのような俗語のような感じです。

ただし、睡眠不足と、睡眠負債は違う、という事です。
睡眠のメカニズムは触れませんが、そもそも「寝だめ」ができないとされているため、蓄積された睡眠不足の解消はそう簡単ではありません。

ちょっとした睡眠負債を返済するためには、毎日10時間~14時間ぐらいの睡眠が必要といった結果があるぐらいです。
ですので、寝だめができない、睡眠不足が解消されず、睡眠負債がたまっている状態を解消するためには「睡眠の質」をあげることに他ならないと思います。

枕はかかせない睡眠アイテム

ベッドや布団も大事ですが、同様に枕も寝る為の大事な必須アイテムです。
どのようなベッドであっても枕であっても「はやくベッドにはいって横になりたい」「あの枕で寝るのが楽しみだ」
といった一種のプラシーボ効果は絶大で、「この枕ならぐっすり眠れる」と思いこめればしめたものです。

ただ、寝具が寝にくい、あってない、等の懸念点があるとストレスを感じ覚えてしまいかえって睡魔を削いでしまいます。
今ではオーダーメイドの枕もたくさん売れているらしいですが、やはり金額もそれなりにします。そしてその時にあったとしても何年後かに体型がかわってしまえば結局買い替えるしかありません。

以上のことからも「めりーさんの高反発枕」はおすすめできる枕です。

-おすすめの枕は「めりーさんの高反発枕」

Copyright© モットン通販 , 2018 All Rights Reserved.