低反発のマットレスも流行っていました

更新日:

様々な文献と、動画、ネット上での評価や感想を調べて調べつくしました。

今は改善してますが、30代~40代まで腰痛持ちでした。様々な方法で腰痛改善に取り組みました。
その主な方法を、そのまま記載しております。

 

腰痛改善・腰痛体操・腰痛緩和・ヘルニア改善・腰痛ヨガ

等、「腰痛」は現代人の現代病です。同じ姿勢を保つ事が多く、どうしても凝り固まってしまう事が多いです。

 

そしてあらゆる事を試して、まずは日々の睡眠の質を考えました。
それは朝起きると痛みを覚えるようになってから「これはもしかして今寝ているベッドが合わないのではないか?」と気が付きました。

 

人生の3分の1は睡眠。睡眠に莫大な時間を費やしています。
その睡眠がもし腰痛の原因の一旦があると思うとぞっとしますね。
今までの寝ていた布団やベッド・マットレスを考えてみました。

 

 

・昔は何も考えずにせんべい布団で寝ていた

団塊の世代の幼少の頃といえば、それほど寝具が充実してなかったでしょう。
ベッドがあればかなり良くて、だいたいは自分の部屋に布団を敷いてそばがらのはいった枕で寝ていた方が圧倒的に多かったのではないでしょうか。

 

それから大人になってちょっといいベッドを買ってそれでもマットレスにこだわりはなく、
ただ寝具屋にいって、なんとなく柔らかくて横になったときに「気持ちいいな」って思ったものを買っていました。

 

・昔は低反発のマットレスやベッドが流行っていた

一昔前はとにかく体がぐっと沈みこむような、そんなマットレスが気持ちいいとされていた時もありました。
もちろん人それぞれなので、そちらの方が良いという方もいるかもしれません。

 

・初めて購入したウォーターベッド

思い切って当時はやっていたウォーターベッドを購入しました。寝心地よりも、その時はサーモスタットで温度を調節できるという所に惹かれました。
夏は涼しく、冬はあたたかいウォーターベッドは冷房や暖房がいらなくなるぐらい、温度に関しては快適でした。

 

・低反発が結果的に体に合わなかった

ウォーターベッドは体全体を受け止めてくれます。
なのでボディーラインに合わせ自由に形が変わり、結果的に体にぴったりフィットし、包み込まれいるような感覚になります。

 

当時は車高の低い車を運転し通勤してました。そして比較的座って仕事をすることも多く、
とくに姿勢にこだわった座り方はしていませんでした。むしろ結構適当に座ってました。

 

それも原因のひとつなのですが、ウォーターベッドで寝て起きたある日、鈍痛を腰に覚えるようになりました。
そのころは低反発等言葉も知らず、むしろベッドに良い悪い等思いもしなかったのですが
どうやらこのウォーターベッドも原因のひとつなのではないかと思い始めました。

 

人間の体の部分で一番重いのは臀部です。そこが一番沈んでしまっては腰が沈みます。
それで起き上がる時にどうしても腰に負担をかけてしまうような形で起きてしまっていました。

 

・体圧を分散する高反発のマットレスを知ることに

あとアレルギーがあるので、ベッドや寝具を購入するのにどうしても防ダニ防カビ仕様になっているかどうかを見ます。
だいたいはその記があるのですが無いものは購入しません。
昔は思いっきりそばがらの枕を使用していました。そぼがらは湿気も吸い、ダニカビ等の温床になるんですね。
ただ、体が思い出すせいか、温泉等に行くと、意外と寝られたりしますが朝起きると首や肩がこっている感じになります。

 

 

・高反発マットレスの選び方
こちらに詳しく
用途に応じて選ぶ必要があります。ポイントとしては

・腰痛対策
・寝心地
・疲労回復系(スポーツ選手等)
・値段

 

腰痛に痛みを覚えた事がある方、朝起きて腰の痛みを感じた方は迷わず「腰痛対策」のマットレスを購入すべきです。
痛みがあっては寝心地が良いとは感じられませんよね。

 

とくに腰の痛みのない方は寝心地重視の低反発でも良いかと思います。
特に寝心地はかなり個人の感覚になるかと思います。

 

疲労回復は日頃運動を欠かせない日々をおくっている方向けです。
スポーツ先週用に特化したエアウィーヴ等、専門性のあるマットレスが良いかと思います。

 

モットン通販の公式サイト

モットン通販TOPに戻る

-高反発マットレスの選び方

Copyright© モットン通販 , 2018 All Rights Reserved.