枕の高さ次第で体調に変化が?!

投稿日:

枕の高さが合わないと体の調子が悪くなる?!理想の高さとは

枕の柔らかさや硬さを選ぶときにまずは「手」で感触を確かめると思いますが高さはどうでしょうか。

実際に横になって枕を使ってみないと難しかもしれません。
ただ、身体の状態はあらゆる部位の歪みによって全体に及ぼしている場合があります。

慢性的な肩こりや頭痛、首のコリ、背中のハリ等は枕の高さが合わないまま寝ている事が原因で十分に疲れが取れていない場合があります。

好みで高さを選ぶのではなく、理屈で選ぶべき理由

最初は「これくらの高さが丁度よい」といった感じで好みで選ぶ事が多いかもしれません。
結果、肩こりが治らず、「枕が原因」等と気も付かず過ごしている方も多いでしょう。

原因が枕だと思いもよらなかったりするので、マッサージや整体等に高いお金を払って何度も通ったりしている人も多いでしょう。
ガチガチにこってしまった肩を柔らかくするには相当ほぐさなければいけませんが、そうそう簡単にほぐれるものではありません。

今では便利で安価な健康グッズも豊富に種類があり、手軽に購入できます。
勝った瞬間は楽しさもあり使い続けるのですが、時間がたてばそれらの器具ができる範囲は限られており、物足りなく感じてくることでしょう。

枕は高すぎても低すぎてもダメ

枕が高いと顎をひいたような状態になり、その結果イビキをかいてしまう原因にもなりかねません。

寝ている間は枕は丁度よいと思い込んでいるので、起きた時に肩や首に違和感を感じ、尚且ついびきをかいてしまっていると枕の高さに原因があるかもしれません。

ぴったりの枕の高さとは

人それぞれ首の形状や首、肩回りの大きさも違う為、自分の高さに合う枕は自分で合わせていくしかありません。

では、ピッタリの枕の高さとはどれくらいの事をさすのでしょう。

実際はタオル等を代用して測るのが一般的ですが、何もない状態からタオル等で高さを調節し、目線が真上よりも若干下、真上の天井よりも若干下に目線がいくぐらいの高さが良いと言われています。

枕が低いと逆に上を向いてしまいます。まずは自分の目線を覚えておいて枕をためしてみてはいかがでしょうか。

高さを調節できる枕が理想

今では2WAYで高さの違う枕はたくさんでまわっています。上下をひっくり返して使うだけなので手軽に使う事ができます。

ただ、2WAYだけでは微妙な高さの調節はできません。あと少し高かったり低かったりすればベストなのに・・・・と思う事も多々あります。

そんな時にめりーさんの高反発枕であれば計50通りの高さを調節することができます。長年使用して体型がかわっても少々ヘタりがでて高さが必要になっても調整することができるので大変便利です。

まとめ

このように高さは好みで選ぶものではなく、自分の理想とする高さを理解し、それに合った枕を探す事で慢性化していた肩こりや首こりから解放されるでしょう。

枕選びの際に、是非ご参考になれば幸いです。

-枕について

Copyright© モットン通販 , 2018 All Rights Reserved.